誰もが知りたがっている本当の『トレーニング食の知識』

ダイエットやバルクアップなどに欠かせないのが食事!

トレーニンングも大事ですが食事管理もかなり重要です!

しっかりトレーニングを行っていても、体に栄養がないと逆効果になる。

『トレーニングだけをしとけばいい』など間違った考えの人がかなり多い印象ですが、食事が6割〜7割鍵を握ると言っても過言はないです(^o^)

今回は、食事がどれほど大切かを教えていきたいと思います♪


1トレーニング後の体はどうなっているのか

トレーニングは筋肉を使い体力を消耗します。

人によって追い込む量も違えば疲労度も変わっていきます。

トレーニング後は、クタクタで動けない状態に皆さんなりますよね?

そんな時体の中はどうなってるかを簡単に説明します!!

疲れきった体は、体内に貯蓄したエネルギーを使ってしまい、筋肉が損傷している状態なんです。他にも、血液の中の糖や酸素も低くなり、ミネラルと言われるマグネシウム、カリウム、カルシウム、ナトリウムなど体を動かしてくれる電解質が汗と一緒に体外に出ちゃう状態なんです。

このまま、栄養を補給せずにいると筋肉の痙攣が起こりやすくなり、疲労回復もできにくい状態になってしまいます。

たかが食事、されど食事です!!!(笑)

2どのような栄養が必要なのか

食事といっても何を食べれば良いのか、どのような栄養を取れば良いのか分からないと思います。

僕も前はそうでした!www

簡単に大きく分けて4つの栄養をトレーニング後に積極的に取ってほしいです!

  • タンパク質
  • 炭水化物(糖質)
  • アミノ酸
  • 電解質(ミネラル)

なぜこの4つが必須なのか、それぞれの特徴をまとめていきます。

タンパク質

タンパク質はトレーニングで損傷した筋肉の回復薬だと思って良いです!
さらに、消化されるとアミノ酸の分解され、筋肉や内臓、皮膚、血液の材料になる万能な栄養なんです。
このタンパク質には『動物性タンパク質』と『植物性タンパク質』の2つに別れています。
トレーニング後は、筋肉だけではなく内臓も疲労しているので消化の良い物や食べ易いものをチョイスする必要があります。
オススメは、プロテイン、豆乳、ちくわ、ヨーグルトなど摂取し易い物が僕的にもオススメですし、継続して摂取し易いと思いますので今後から意識してタンパク質を摂取してみてください(^_^)

炭水化物(糖質)

炭水化物は筋肉のガソリンだと思ってください!
トレーニングを行うと筋肉や肝臓のグリコーゲンがエネルギー源として使われるので、消耗したグリコーゲンを回復させる必要があります。
中でも、持久系に特化したトレーニングはこのグリコーゲンがかなり消耗してしまう傾向があります。
なので、おにぎりやパンなどの摂取が必要になります。
僕個人の感想では、タンパク質と炭水化物(糖質)を同時に摂取することによりトレーニング効果が高まると思いますのでオススメです!!

アミノ酸

アミノ酸はトレーニング中の疲労やエネルギー代謝に関与してきます。
トレーニング後も、筋合成や、筋分解の抑制、筋肉痛の軽減にも働きかける万屋的な存在です(笑)
このアミノ酸は食事でタンパク質と共に摂取することも可能ですが、サプリで摂取した方がオススメですし、吸収率も高いと思います。
オススメはBCAAですね(^o^)
最近流行りのEAAも良いですが、飲みやすいのは断然BCAAですしコスパも良いですのでオススメです!!

電解質(ミネラル)

上記でちょろっとでた、電解質!ポカリとでよく聞きますよね♪
ミネラルであり、カルシウム、カリウム、ナトリウム、マグネシウムなどといった成分の事だと思ってください!
トレーニングしてこの成分達が汗と一緒に体外に出てしまうと、筋肉の痙攣が起きたり、集中力の低下に繋がってしまいます。
なので、トレーニング中はスポーツドリンクやサプリを水に溶かしてこまめに飲む事をオススメします(^O^)

ざっと簡単にまとめてみました!!
栄養って大事でしょう?(^_^)
トレーニングは勿論の事ですが、この栄養をきちんと取っていかないと、せっかく鍛えた体が勿体無いですよ!!

3食事の食べ分け、量の調節

それぞれトレーニングをする人たちは違う目標があると思います。

  • 体を大きくしたい人
  • 引き締めたい人
  • ダイエットをしたい人

その他にもたくさんあると思います。

そこで、全部が全部同じ量の栄養を摂取しろということではありません。

ここがポイントなんですが、

自分の目標に近くための食事やサプリをチョイスする必要があるんです。

例えば・・・

・体を大きくしたい人は、タンパク質を2倍くらい摂取し、炭水化物(糖質)も大量摂取する必要があります。

・減量の場合は、タンパク質を大豆など『植物性タンパク質』を摂取し、炭水化物(糖質)などは、フルーツから摂取する。まだ、摂取時間も寝る前ではなく、夕方くらいに摂取する必要がある。

上記のような、様々な条件により、摂取状況も変えていかないといけないんです。

でも、摂取をしないという事は絶対にありません。

自分で調節するか、トレーナーや詳しい方に聞くのが一番です(^o^)

今回、このような『食・栄養』について簡単にまとめてみました。

どうでしかた?

トレーニングだけしていた自分はいませんでしたか?

食事を適当にしていた人はいませんでしたか?

このブログを読んで、今日から意識を変えてみましょう(^○^)

 

ABOUTこの記事をかいた人

パワープレート専門サクラジム代表(準備中)/理学療法士/パワープレートPPR認定トレーナー/ 小顔矯正/プロ野球のトレーナーに誘われたが断った事を今でも後悔してる。パワープレートに出会い衝撃をウケ5年勤めた病院を退職 。【#パワープレート】【#ストレッチ】【#筋トレ】の事を発信します。/パワープレート伝道師/